UGGムートンブーツの靴底、すり減ったら修理・交換できる?

私が愛用しているUGGのムートンブーツは軽くてあったか。

ついつい冬はヘビロテしちゃいます。

ムートンは濡れるとしみになるので、極力汚れないよう気を付けてきたつもりですが…

なんと靴底(ソール)がすり減ってる!!

私の歩き方が悪いんでしょうか^^;

実は、UGGのムートンブーツは他のムートンブーツに比べて軽く作られているので、ソールの耐久性がやや衰えるそうなんです;;

そんな私の大切なUGGのムートンブーツ。靴底、修理してくれるところないかな?と思って探してみました。

気になる修理・交換の金額も調べてみました!!

私と同じ、大切なUGGの靴底をきれいにしたい!という方、参考にしてください^^

スポンサーリンク

UGGの靴底(ソール)ここで修理できます!

荻窪レザーサロン

こちらのショップはすり減った靴底全体(オールソール)を交換してくれます。

しかも、交換する靴底は「ビブラム社製」No.2021のソール。滑りにくい横ラインが入っている靴底です。

ビブラム社についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

⇒ 知らなきゃ損!ビブラムソールのすごさ!

★交換金額:税抜13,000円(ホームページを印刷したもの持参で10,000円)

遠方の方には宅配便でも対応してくれます。詳しくは ⇒ コチラ

ケンズワークス革工房

すり減った部分の補修をしてくれるショップです。

元の色に近い素材で補修してくれるので違和感なく、しかも安く修理できます。

★補修金額:1,800円~

また、すり減りが多い場合は元の靴底を平らに落とし、新しいソールを接着して修理します。

接着する靴底はスニーカー用のゴム製のソールで、耐久性もアップします。

★交換金額:7,000円~

その他こちらのショップでは、破れなどの補修、またシミなどによる汚れのクリーニングにも対応してくれます。

★破れ補修:一カ所3,500円~
★スタンダードクリーニング:4,200円

まずは無料でお見積りもしてくれるので嬉しい限りです。

メイホウネット

同様の素材を継ぎ目が分からないよう接合し元の高さまで調整してくれます。

職人さんが1点ずつ丁寧に補修してくれるので安心です。

★かかと・靴裏補修:1,280円~

(1万円以上の補修代がかかる場合で返送料は無料になるとのこと。)

また、ムートンブーツのクリーニングも1点1点手作業でしてくれます。

★スタンダード丸洗い:ハーフ…3,980円・ロング…4,780円
★デラックス丸洗い:ハーフ…4,800円・ロング…5,600円

新品同様のきれいさになります。

Plus one・ Fit

ムートンブーツの靴底修理・クリーニングはもちろん、ブランドバッグなどの修理もしてくれるショップです。

他のお店で断られてしまったものも一度ご連絡ください!という嬉しい心意気!

イオンなどに入っているショップですが、インターネットでの修理も受け付けてくれます。

★靴底交換:6,000円~
★かかとのみ補修:1,500円~

ミスターミニット

全国の百貨店などにある、ミスターミニットでもムートンブーツの靴底補修・交換をしてくれます。

ムートンブーツの場合、靴底はラバー製なのでレザーに比べればお得です。

★靴底交換:7,000円~
★かかと補修:2,600円~

お住まいの地域にミスターミニットがあるなら、一度相談すると良さそうです。

UGGの直営店で購入したムートンブーツは、修理・交換してくれるようですが、並行輸入品の場合は正規のUGGムートンブーツでも修理不可とのこと。

その場合、靴修理専門店で修理するしか方法がなさそうです。

今回は紹介したショップは、どこも靴底の修理は受付してくれますが、靴の中のほつれなどはできないお店もあるようなのでご注意ください。

これでムートンブーツの靴底の修理ができることが分かったので、今年も安心して私のムートンブーツ、ヘビロテできそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする