日本海のマグロは今が旬!境港「まぐろ祭り」に行ってきました

最近スーパーのお刺身コーナーで「マグロ(生)」の文字を見かけるようになりました。

「マグロ」といえば、青森県の大間のマグロや神奈川県三浦市の三崎のマグロなどを思い浮かべるかもしれませんが、基本的にマグロは遠洋漁業なので、港に上がる時は「冷凍」になっているものが多いようです。

しかし、春から夏にかけては日本海近海でマグロが取れるため、

この時期水揚げされるマグロは「生」なんです。

マグロが美味しさのは何と言っても「トロ」。脂がのっているところが一番美味しい!と思っているあなた!!

この時期の「生」のマグロを一口食べたら、脂ののりより「生」だからこそ美味しいことに気が付くはずです。

というわけで、6月25日・26日に開催された「境港まぐろ祭」に行ってきました!!

スポンサーリンク

境港 まぐろ祭


境港さかなセンター(ゆめみなとタワー横)で開催された「まぐろ祭」。

たくさんの人でにぎわっていました。

IMG_5117

一番のイベントはなんといっても「まぐろ解体ショー」です。

1日目25日(土)13:30より「解体開始」。丸々と美味しそうなマグロ。

IMG_5103

少し大きめの包丁で5枚におろしていきます。

IMG_5101
IMG_5107

身のほとんどは「赤身」。とろは見えない部分にあるようです。どうりで高いわけだ!

IMG_5109

無題

解体ショーと即売会ということで、残念ながらお味見コーナーはありませんでした。

でも、この背骨に残った身の部分。そうです「なかおち」です。

IMG_5112

この中落ち部分は最後にじゃんけん大会でプレゼント!!

手巻き寿司やネギトロ丼にぴったりの部分です。

即売会では、大トロ…3,000円、中トロ…2,000円、赤身…1,000円とやっぱり高い^^;

でも、生のマグロを食べずにこの季節は終わらない!ということで…ゴメンナサイ食べちゃった。

生のマグロはこちらでも購入できます。

この時期ならでは!ぜひご賞味ください。

他にもイベントは盛りだくさんです。詳しくはこちら

IMG_5116
この時期やっぱり旬を迎える大きな「大栄町すいか」も1,980円で販売されていました。

こっちも魅力的♪ 

なにかと話題の?鳥取県。これからも魅力をお伝えしていきますね^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする